Pick Up

カーポート

カーポートの選び方

あると便利!カーポート

駐車スペースでよく見る柱と屋根で構成された簡易的な車庫をカーポートといいます。ガレージのように囲われていないので風雨は防げませんが、あると便利なアイテムです。

カーポートのメリット
  • ・雨の日の乗り降りや荷物の積み下ろしに便利。
  • ・雪が降っても車に積もらない。
  • ・屋根材に使用されているポリカーボネートやスチール折板は紫外線をほぼ100%カットするので車の色褪せや日焼けを軽減します。
  • ・雹や上からの落下物から車を守ります。
  • ・車の車内温度の上昇を軽減します。
カーポートの無いお住まいもかなりありますが、車を大事にされる方は一度ご検討いただきたいアイテムです。

カーポートの選び方

お持ちの車に合わせて選びます。まずは車のサイズを把握しましょう。

軽自動車(ワゴンR、タント等)
幅1480㎜/長さ3400㎜/高さ1650㎜
小型車(マーチ、フィット等)
幅1680㎜/長さ4500㎜/高さ1500㎜
中型車(カローラ、プリウス等)
幅1700㎜/長さ4800㎜/高さ1500㎜
ワンボックス(ステップワゴン、ヴォクシー等)
幅1700㎜/長さ4800㎜/高さ2000㎜
大型車(クラウン、レクサス等)
幅1500㎜/長さ5210㎜/高さ1875㎜

どのメーカーもカーポートの最小サイズは幅2400㎜、長さ5000㎜、高さ2000㎜程度なので中型車やワンボックスなら問題なく使用できます。 幅と長さは雨の日の乗り降りを考えると大きめがお勧め。車高のある車を使用する予定がない場合は、雨の吹き込みを考えると低めのカーポートがお勧めです。

人気のカーポート

お求めやすい価格帯のカーポートが売れています。
最近では積雪や強風に備え頑丈なカーポートをお選びいただくお客様も増えています。

strong

雪、風に強いカーポート

カーポートの耐久性は主に耐積雪強度と耐風圧強度で区分されています。平野部など雪の少ない地域用のカーポートは積雪20㎝、30㎝、50㎝がおすすめです。雪の多い地域や風の強い地域には100㎝、150㎝、200㎝、250㎝といった高強度のカーポートがお勧めです。高強度カーポートの特徴は屋根材がスチール折板を使用し、4本柱や6本柱などの両支持タイプのものが多いです。

屋根材の飛散やカーポートの倒壊などの不安から強度でカーポートをお選びいただくお客様が増えています。積雪や風によるカーポートの破損はメーカー保証の対象外のため、設置環境をよく確認して検討することをお勧めします。

人気の耐積雪カーポート

Design

デザイン性の高いカーポート

駐車スペースはお住まいの前面に配置されていることが多いので家全体のイメージにもつながります。細部にまでこだわった高級感のあるカーポートやガレージ、玄関までのアプローチの屋根としても使えるものまでさまざま。

最近は駐車のしやすさも考えられた後方支持タイプのカーポートが人気。柱が後ろにあるので乗り降りもしやすく使い勝手が良いカーポートです。一般的なカーポートでは物足りない、そんな方にお選びいただいています。

デザイン重視!人気のカーポート

Recommend

着脱式サポート柱

片支持タイプのカーポートや後方支持タイプのカーポートは構造上不安定になります。そこでお勧めなのが着脱式のサポート柱。メーカーにより名称は異なりますが使い方は同じ。 強風時や積雪時に取り付けることでカーポートの倒壊を防ぐことができます。不要な時は外してカーポートの柱などに収納しておくことができます。

サポート柱を使用しても雪下ろしが必要ですし、台風や突風でカーポートの屋根材が飛んだり、カーポートが倒壊することはありますが 使用すればカーポートが安定し積雪時や強風時に効果を発揮します。

あわせて使いたい車庫前ゲート